開店祝いナビ

開店の贈り物のマナーの画像

開店する時には開店する方が喜ばれるような物を贈るのが最低限のマナーです。
開店する方の気持ちを考えて贈り物をしましょう。

お店を開店する時には、お客様が来店してくれるかが不安だという方が多いのです。 不安な中、「火」を連想させる物(ライター、灰皿)などはタブーですよね。

現金でお祝いしたり、時計を贈る方もいます。もちろんそのような物でも良いですが、 お店が開店したということがわかるようにお店の前にお花がたくさんあるとうれしいものです。

お花を見て新しいお店ができたということをお客様に知らせることができ、 それを見たお客様に来店してもらうことができます。

そのような理由で開店祝いの贈り物には胡蝶蘭が人気なのです。

開店祝いには胡蝶蘭を贈るというのが定番ですが、きれいなお花が飾られることで 素敵なお店に見せることができますね。

贈り方の画像

開店祝いに胡蝶蘭を贈る場合はいつ贈るのか?どのようにして贈るのか? などを考えなければなりません。

胡蝶蘭は2、3ヶ月は持ちますので、ある程度余裕を持って購入しておくことができます。

贈る日は開店の当日に贈るのが一般的ですが、開店の前日でもお店によっては問題ありません。

当日はお店の方も忙しいのであれば、その点も考慮し前日に贈ることが相応しいでしょう。

当然ですが、遅れて贈るより早い方が喜ばれます。

贈り方としてはラッピングをして立て札を付けて贈ると喜ばれるでしょう。

ラッピングの胡蝶蘭の画像

開店祝いの相場の画像

開店祝いですので義務などはありませんが、一般的に相場は次のようになっております。

大切な取引先などは2倍くらいの場合もあります。

  • 家族、親戚などは2~3万円
  • 友人 5千~2万円
  • 取引先など2~3万円

開店祝いに胡蝶蘭を贈った方の声

開店祝いに胡蝶蘭を贈った人の声

Y さんの声

何にするか迷ったあげく胡蝶蘭にしました!
先方にすごく喜んでもらえたので贈った私も嬉しかったです。

開店祝いに胡蝶蘭を贈った人の声

K さんの声

取引先の開店祝いに利用しました。他にもいろんなところからお花が届いたみたいですが、 うちが贈ったのが一番豪華で嬉しかったと喜んでもらえました。

立札の書き方について

立札の書き方

開店祝いの書き方は上記を参考にしてみてください。

立札には基本として送り主様と相手先の方の両方の名前が入るようにします。

開店祝い用胡蝶蘭の買い方

開店祝いに胡蝶蘭を贈るときは品質が大事です。同じ胡蝶蘭でもお店によって品質が全然違います。

胡蝶蘭を買うときは、生産者から直送できるネットショップで買うことをおすすめします。

当サイトがおすすめなのは幸福の胡蝶蘭屋さんです。

おすすめの理由

  1. 午前11時までの注文で翌日配達(一部地域除く)してくれる
  2. 世界洋蘭展ブルーリボン賞受賞の生産者が育てた高品質の胡蝶蘭
  3. 生産者直送だから新鮮で長く飾ってもらえる
  4. 実際に送った胡蝶蘭の写真をメールで送ってもらえる

大切な贈り物ですので信頼できるお店で購入しましょう。

次へ移動

幸福の胡蝶蘭屋さん